沿革 | Ap company

沿革

1月 インドネシアに子会社、PT.APC International Indonesia(現連結子会社)を設立
12月 エー・ピー6次産業化ファンドの第2号案件の承認を受け、宮崎県都農町のワイナリーである(株)都農ワインへ投資を実行
4月 北京健農飲食管理有限公司(現連結子会社)を子会社化し、中国に出店開始
1月 やきとりを中心とした新規事業のマーケティング店舗を淡路町にオープン
11月 香港に子会社、AP Company HongKong Co.,Limited.(現連結子会社)を設立
7月 (株)塚田農場プラス(現連結子会社)を設立及び新木場に製造工場を建設して弁当事業を拡大
8月 アメリカ合衆国に子会社、AP Company USA Inc.(現連結子会社)を設立
8月 新鮮組フードサービス(株)を買収し、100%子会社化、首都圏における店舗網拡大
8月 鹿児島県霧島市において(株)カゴシマバンズ(現連結子会社)の処理場、加工場が竣工し、鹿児島県において地鶏の生産拡大体制を整備
7月 新規事業の高級弁当事業の開始、ブランド名は「おべんとラボ」
4月 (株)農林漁業成長産業化機構より、エー・ピー6次産業化ファンドの第1号案件の承認を受け、6次産業化事業体への投資を実行
3月 本社を東京都港区赤坂から東京都港区芝大門に移転
10月 鹿児島県霧島市に子会社(株)カゴシマバンズ(現連結子会社)を設立し、自社農場での黒さつま鶏の生産準備を開始。
9月 当社株式が東京証券取引所市場第一部へ市場変更
7月 エー・ピー6次産業化ファンドの設立
6月 東京都大田区に魚などの配送センターを設置
4月 宮崎県西都市に自社処理場、加工場を建設し、宮崎県における地鶏の生産拡大
3月 ㈱エーピーアセットマネジメント(現連結子会社)を設立し、㈱農林漁業成長産業化支援機構より機構と共同でファンドを設立する承認をうける
10月 シンガポールに「塚田農場」ブランド店舗の海外1号店をオープン
9月 当社株式が東京証券取引所マザーズ市場へ上場
7月 シンガポールにAP Company International Singapore Pte. Ltd.を設立
3月 鹿児島県の生産者と提携し『鹿児島県霧島市 塚田農場』ブランドの出店開始
鹿児島県霧島市に自社農場を建設、黒さつま鶏の生産開始
9月 東京都港区芝浦から東京都港区赤坂に本社を移転
8月 『北海道シントク町塚田農場』ブランドの出店開始
7月 鮮魚モデルの主力ブランド『四十八漁場』の出店開始
6月 北海道上川郡新得町に(株)新得ファームを設立し、自社農場での
新得地鶏の生産を開始
宮崎県延岡市に(株)プロジェクト48を設立し、自社漁船による定置網漁業を開始
12月 宮崎県延岡市島野浦で当日朝水揚げされた鮮魚を当日提供する
「今朝獲れ便」を開始
6月 東京都中央卸売市場大田市場青果部の売買参加権を取得し、青果物の卸売業務を開始
4月 当社100%子会社の(有)エー・ピーファームと(株)地頭鶏ランド日南が合併し、(株)地頭鶏ランド日南が存続会社として連結子会社となる
2月 『芝浦食肉』ブランドの出店開始
6月 食品一次卸と取引により各店舗への365日配送を開始
8月 東京都港区浜松町から東京都港区芝浦に本社を移転
11月 宮崎県日南市に加工センターを建設、食品加工業務を開始
8月 『宮崎県日南市 塚田農場』ブランドの出店開始
『じとっこ』ブランドのライセンス展開を開始
6月 ホルモンモデル1号店「関根精肉店 八王子」OPEN
12月 鮮魚モデル1号店「魚米 新宿店」OPEN
10月 東京都八王子市から東京都港区浜松町に本社を移転
6月 (有)エー・ピーカンパニーを(株)エー・ピーカンパニーへ商号変更
5月 700万円を増資。有限会社から株式会社に変更
2月 宮崎県日南市に子会社(有)APファームを設立。
同市内に自社養鶏場を建設し、みやざき地頭鶏の生産を開始
8月 地鶏モデル1号店「わが家 八王子店」OPEN
10月 東京都八王子市に飲食のプロデュースなどを事業目的とした
(有)エー・ピーカンパニーを設立

▲ページ先頭へ

食材でご協力いただける方

店舗用物件や物件情報をお持ちの方